蘇洞門(そとも)めぐり / '19.05.04

IMG_2435のコピー

小浜市「蘇洞門(そとも)めぐり」遊覧船に乗って、海岸景観を見てきました。花崗岩が幾年もかけて浸食し、珍しい自然の造形を味わうことができました。

思ったのは、人間=じぶんの一生の短さ。この風景は、じぶんが死んだ後も残っていて、人間生涯のサイクルに比べたら果てしなく長い風景ということを、船に乗りながら感じました。

人の一生は何ができるのだろう。何もできなくてもよいとは思うのですが、手に届きそうな風景を見て、強烈に短い一生のことを実感しました。旅は日常生活の感覚を遊離/乖離させる行為です。