音育が社会貢献につながれば

'19.10.18 これまでの「音楽教育/幼児教育」は、音楽や声などの「目立った音=意識される音」を対象とすることが多かった。これからの「音育」は、音楽や声以外の「目立たない音=意識されない音」も対象とすべきだろう。この分野はすでに革新的な […] 続きを読む>

ブログ

ご報告:CD制作修了のお知らせ

'19.10.17 2002年から自主CD制作をはじめて、今年で17年過ぎました。この間、18枚もの自主CDを、自分の思うままに制作し、流通させてきました。 自分の思いつきで始めたピアノアルバムの制作でありながら、多くのリスナーの耳に、自分 […] 続きを読む>

ブログ

SD法のフィールドワーク

'19.10.15 小松ゼミ・音環境計測フィールドワーク。SD法の2回目は、学内の画箋堂(売店)、風光館エントランス、愛宕神社での観察でした。 SD法とは、心理学実験で使われる印象評定手法のことで、多方面で活用されています。紙と筆記用具さえ […] 続きを読む>

ブログ

SD法

'19.10.11 小松ゼミ、「SD法」による印象評価の実習風景。 SD法とは「意味微分法」と呼ばれる、実験心理学でよく使われる手法。「明るいー暗い」といった表現語対を使って、5段階や7段階の尺度で、対象の印象を直感的に計測するというもの。 […] 続きを読む>

ブログ

共感覚の世界

'19.10.09 10/8(火)の小松ゼミの実習の帰り、学内の運動場付近から見た夕日は、神懸かっていた! 色合いが独特で、ずっと見ていると吸い込まれそうな感覚。 音ゼミでSD法をやっていたのだけれど、色彩の分野もゼミでコラボしてみたい! […] 続きを読む>

ブログ

えええ?

'19.10.08 画用紙の上を走るハケの音!? それをすかさずレコーディング。 何やら、面白い展開が?? まさに、音フェチ(ASMR)の世界。 進展を、お楽しみに!! 続きを読む>

ブログ

「音のデザイン本」、ついに脱稿!

'19.10.07 今春から手がけてきた「音のデザイン」本ですが、本日ついにすべての原稿を書き終え、編集者にデータを送りました。 いまはすべてメイルでやりとりしているので、データといっても「一瞬」で相手に届きます。その速さと言ったら…、なん […] 続きを読む>

ブログ

岸田繁さんの交響曲第一番・第二番

'19.10.05 同僚の岸田繁さんの交響曲第一番・第二番を聴きに、京都コンサートホールへ。岸田さんの頭のなかを覗き込んでいるかのような、目眩く響きがほどばしる2時間を満喫しました。 広上淳一さんの指揮は、とにかく大胆で緻密。まるでダンスを […] 続きを読む>

ブログ

音のデザイン本、制作順調!

'19.10.04 音のデザイン本、ついに3章(最終章)を書き終えました。3章は、音のデザインや環境音楽制作を、初心者でも実践できるように、書き込み式のワークシートを開発し、本文と合わせて実践できるようにしました。 タイトルは未定ですが、「 […] 続きを読む>

ブログ

サウンドスケープ論

'19.10.03 セイカ大で後期授業「サウンドスケープ論」始まる。 日本でも稀な音フェチ全開授業をこの大学で始めて、今年で19年目が経ちます。年々カラーが変化し、今年は「オバサン」風の喋りになってしまった。授業中、板書の漢字を忘れがちで、 […] 続きを読む>

ブログ

1 / 97123...»