小松CD作品、全国のレコードショップで取扱い可能に!

'20.09.04 小松CD作品、全国のレコードショップと一部書店で、取扱いが可能となりました。   取引先のラッツパック・レコードに伺うと、直接取引しているお店と併せて、大手卸会社にも商品を卸しておられるとのことでした。   直接取引の無 […] 続きを読む>

ブログ

小松のCD全作品が全国流通!

'20.09.01 「人は運と縁に助けられている」 この言葉を最近強く実感します。じぶんが好きで始めた「音活動」ですが、作品を広げて届ける人がいないと、続けることはできません。 もちろんネットを使った拡散もありますが、広がるためには限界があ […] 続きを読む>

ブログ

高校生時代の自分に言いたい

'20.08.29 今から30年以上前の話。 当時宮津高校生だったぼくの勉強部屋は実家ではなく、宮津市立図書館(宮図書と略)だった。週の半分以上は学校が終わると図書館で勉強(+友達とダベり←コレ大事・笑)だった。 受験勉強に飽きたら、スグ近 […] 続きを読む>

ブログ

根無し草的性質

'20.08.25 ぼくは根無し草。小5の息子が中学受験のために塾に行きたいと言い出し、それにつられて、受験生のように8月は仕事に没頭。おかげで1ヶ月ほで依頼されている音の本1冊書き上げてしまった。本日脱稿。ぼくは、周囲の環境に影響されやす […] 続きを読む>

ブログ

音に過敏な現代社会の心理

'20.08.20 『健康教室・2020年9月号』に寄稿しました。「音に過敏な現代社会の心理/小松正史」というテーマです。 現代人って、ふしぎな音感覚ですね。音に過敏であり鈍感でもある。もうっ、どっちやねん!? https://www.hi […] 続きを読む>

ブログ

発達が気になる子のイヤートレーニングが1位!?

'20.08.04 7月末上梓の新刊(小松正史著・華園力先生監修)『発達が気になる子のイヤートレーニング』、おかげさまでヤマハミュージックメディアのランキング(評論・エッセイ・読み物部門)で1位となっております。 発達が気になるお子さんを対 […] 続きを読む>

ブログ

音人生が変わる瞬間

'20.07.28 ぼくはもともとどうして環境音楽を創ることになったのか。最初は自己表現から生まれた音楽を創っていたのだけれど、ずっと好きだった京都タワーの展望室の音環境を直すために、専用の音楽をつくりたくなった。これが、自己表現からの開放 […] 続きを読む>

ブログ

猫の美声

'20.07.27 ノリキヨ氏の飼い主のご協力を得て、猫の美声を収録することができました。猫の音色と毛並みって、どこかで通じるものがありますね。マルチモーダルとか、クロスモーダルとか、感覚の共鳴現象とか言うのだろうか。人間にとって、家族のよ […] 続きを読む>

ブログ

前期リモート授業、最終回

'20.07.26 前期のリモート授業動画。ついに最終回となりました。場所はセイカ大の裏山(鹿野苑)の林内。フィールドワークの実習なのに、一度も学生たちと現場に出向けなかったコロナ禍。ぼくが現場に出て、空気感を視聴覚メディア(YouTube […] 続きを読む>

ブログ

発達が気になる子のイヤートレーニング

'20.07.24 本日(7/24)、10作目の単著『発達が気になる子のイヤートレーニング』が発売しました。聴覚が脳に与える効果は、計り知れない可能性があります。聴覚的フレーム(聴覚を枠取りするための注意力)を変えるトレーニングを、紙面から […] 続きを読む>

ブログ

2 / 116123...»